vol5.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.8 MB

CONTENTS

 

●表紙「婚姻色を身にまとった産卵期のアユ 物部川」…………………  1

●RPN国際シンポジウム2006 報告

  「ワイルドサーモンと天然アユ -回遊魚を守るということ- 」……  2

●「天然アユを増やす」と決めた漁協/高橋勇夫…………………………  6

●良く利用され なお美しい矢作川の創造を目指して/新見幾男………… 8

●天竜川は変われるか/秋山雄司……………………………………………12

●環境漁協の歴史的位置/芝村龍太…………………………………………14

●サケの保護は、株式市場への投資のようなもの

   ブライアン・カオッティ………………………………………………16

●なぜサケの保護が重要なのか?

   ワイルド・サーモン・センター HPより抜粋……………………  18

 

<お知らせ>

愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会がパンフレットを発行しました。

 


 
 
 
 
 
『166 キロの清流を取り戻すために まずは長良川河口堰の「プチ開門」を実現しましょう

 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tochimizu/nagara-sasshi.html 愛知県のHPに内容が掲載されています
★冊子を希望する場合は上記のアドレスから

申込が可能です。

----------------------

会報Vol.10をHPに掲載しましたのでご覧下さい。

 

オーストリアの統合治水、現場報告

ヨーロッパ河川再生会議報告