「オーストリアの統合治水、現場報告」

 第5回ヨーロッパ河川再生会議(2013911日~13日、ウィーン)参加に先立ち、私達は910日にオーストリア連邦下オーストリア州の統合治水の実施現場を視察しました。参加者は、野田留美(愛知県議会議員)、保屋野初子(ジャーナリスト)青山己織(RPN)の3名でした。コーディネートは環境コンサルタントのアレクサンダー・ジンク氏、報告は保屋野初子さんです。オーストリアの治水思想と戦略、そして日本ではなじみのないモバイル堤防の報告もあります。下記のアドレスから順番にご覧ください。

「オーストリアの統合治水 現場報告」 保屋野初子 

 

欧州の統合治水

クレムス-シュテイン(Krems-Stein)の洪水防御システム

クレムス川の近自然工法を用いた統合的な洪水対策

ハルターバッハ(Halterbach)農地遊水地

ルスタードルフの洪水対策

シュピッツ(Spitz)のモバイルシステム倉庫、排水ポンプ場の現場

 

保屋野初子(ほやのはつこ)

環境ジャーナリスト、(財)日本自然保護協会理事、NPO法人地球水道支援センター理事、都留文科大学非常勤講師。著書に『川とヨーロッパ - 河川再自然化という思想」(築地書館)。 

*******************************************************

 

<お知らせ>

愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会がパンフレットを発行しました。

 


 
 
 
 
 
『166 キロの清流を取り戻すために まずは長良川河口堰の「プチ開門」を実現しましょう

 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tochimizu/nagara-sasshi.html 愛知県のHPに内容が掲載されています
★冊子を希望する場合は上記のアドレスから

申込が可能です。

----------------------

会報Vol.10をHPに掲載しましたのでご覧下さい。

 

オーストリアの統合治水、現場報告

ヨーロッパ河川再生会議報告