写真は、大津川(大阪府泉大津市)の落差工(治水施設)に、大阪府土木部と市民が協働でアユの遡上のために魚道を改修しているところです。(2016.11.18

大阪府でも、多くの河川でアユ遡上のための川づくりが進められ、石津川(堺市)では不要となった堰の撤去を予定しています。

 そして、造ってしまった堰の撤去は予想以上に大変です。

大津川(大阪府泉大津市)

大津川(二級河川)でもアユの遡上が確認され、遡上の障害となっている落差工の魚道に、多くの市民も参加して大阪府と協働で石の配置を行い、こわざ魚道を設置しました。2016.11.18

石津川(大阪府堺市)

大阪府堺市を流れる二級河川。

近年、河口からのアユ遡上が観察されているが、四手湯井堰(すでに使われなくなった農業用堰)により、それ以上の遡上ができない。

ボランティア市民グループ「石津川にアユを」の活動により、大阪府と協力して魚道を設置。魚道のアユの遡上が確認されました。

市民学習会のお知らせ

●2月16日
 「長良川漁師口伝」

●3月25日「長良川の昔とこれから」

チラシお知らせ

<お知らせ>

愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会がパンフレットを発行しました。

 


 
 
 
 
 
『166 キロの清流を取り戻すために まずは長良川河口堰の「プチ開門」を実現しましょう

 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tochimizu/nagara-sasshi.html 愛知県のHPに内容が掲載されています
★冊子を希望する場合は上記のアドレスから

申込が可能です。

----------------------

会報Vol.10をHPに掲載しましたのでご覧下さい。

 

オーストリアの統合治水、現場報告

ヨーロッパ河川再生会議報告